ObotAI

新型コロナウイルス感染症に対応したAIチャットボット「COVID-19 Q&A」を、日本語・英語・中国語(簡体、繁体)・韓国語・タイ語の6言語で、官公庁、自治体、病院などの医療機関および企業に無償提供

 株式会社ObotAI (所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:北見好拡) は、新型コロナウイルス感染症に関する質問に自動回答する AIチャットボット「COVID-19 Q&A」を、日本語を含む6言語(日本語・英語・中国語〈簡体、繁体〉・韓国語・タイ語)で、官公庁、自治体、病院などの医療機関および企業に無償提供いたします。
 ブラウザ上で使用できるWEBチャットをはじめ、主要 SNS やビジネスチャットと連携してご利用いただくことも可能です。

→「COVID-19 Q&A」はこちらからお試しいただけます。

SNS

  • LINE,
  • Facebook Messenger,
  • WeChat,
  • KakaoTalk

ビジネスチャット

  • Slack,
  • Chatwork,
  • Skype,
  • Hangouts Chat,
  • InCircle,
  • Microsoft Teams

 これにより、厚生労働省発表の「新型コロナウイルスに関する Q&A」に準拠したチャットボットを、官公庁・自治体のホームページ、病院など医療機関のホームページ、企業のホームページ、 SNS 、ビジネスチャットを通じてご利用いただけます。

 新型コロナウイルスに関して、自治体や官公庁、病院などの医療機関、企業に寄せられる膨大なお問い合わせに対し、 24 時間自動対応が可能な AIチャットボットを設置していただくことで、利用者からの質問にタイムラグなくスピーディーに、必要な情報を多言語で提供することができます。

 また、本サービスは、国内の感染者数情報をリアルタイムで反映しており、都道府県名や市区町村名を入力すると、最新の都道府県別および市区町村別の感染者数をご確認いただけます。

出典:https://www.stopcovid19.jp/

出典:https://www.stopcovid19.jp/

 さらに、利用者の皆様から多数のお問い合わせをいただいている新型コロナウイルス関連の給付金・助成金に関する情報も、4月28日より提供を開始いたしました。助成金・給付金・融資等は、自治体が独自に提供するもの、国の各省庁が提供するものなど、窓口が多岐にわたっております。今回、ObotAIが備えている「シナリオ機能」を利用して、複雑に分岐している助成金・給付金・融資情報等を、わかりやすい選択方式でご自身に適したものをご確認いただけるようになりました。現在は東京都、千葉県、茨城県、静岡県、沖縄県に対応しており、順次その他の都道府県や多言語化も進めてまいります。

<「シナリオ機能」拡大イメージ図>




<「シナリオ機能」全体イメージ図>




 新型コロナウイルス感染症に関して様々な情報が交錯している中、弊社 ObotAI は常にリアルタイムかつ多言語にて、オフィシャルな最新情報を関係機関・一般の方々にお届けしてまいります。


ご希望の方は、下記リンク先のフォームからお問い合わせください。

https://obot-ai.com/contact/

SNS 接続情報

Slack 接続情報

ご利用の流れ

STEP.1

下記より、必要事項と
「COVID-19 Q&A」利用希望の旨をご入力いただき、お問い合わせください。

https://obot-ai.com/contact/

STEP.2

弊社から専用タグを発行いたします。

STEP.3

貴社ホームページに STEP.2 の専用タグを設置いただくだけ!
専用タグ設置後、ページの右下にBOTを起動するためのボタンが表示されます。

【 WEB チャットご利用イメージ 】

【 Slack ご利用イメージ 】

対応言語

日本語を含む6言語

  • Japanese

    日本語

  • English

    英語

  • Chinese

    中国語

    (簡体 / 繁体)

  • Korean

    韓国語

  • Thai

    タイ語

対応SNS・ビジネスチャットサービス

SNS

  • LINE

    LINE

  • Facebook Messenger

    Facebook 
    Messenger

  • WeChat

    WeChat

  • KakaoTalk

    KakaoTalk

ビジネスチャット

  • Slack

    Slack

  • Chatwork

    Chatwork

  • Skype

    Skype

  • Hangouts Chat

    Hangouts
    Chat

  • InCircle

    InCircle

  • Microsoft Teams

    Microsoft 
    Teams

ObotAI のご案内

< ObotAI >

 ObotAIは、AI を組み込んだ最先端の多言語対応チャットボットです。
 豊富な7言語(日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語、タイ語、ロシア語)に対応しており、社内に在籍する各国のネイティブスタッフが外国語のデータ入力を手厚くサポート。
 機械翻訳ではない流暢な会話を実現し、外国人ユーザーにも快適にサービスをご利用いただけます。

ObotAIの特徴

  • 多彩なユーザーインターフェースと連携が可能!
  • 専用の管理ツー (CMS) により、通常3ヶ月かかるサービス導入をわずか1ヶ月で実現!
  • クライアントのニーズにあわせた導入しやすい価格帯

ObotAIの導入により期待できる効果

  • 顧客や社内のお問い合わせ対応を一部自動化することで、業務効率化とコスト削減を実現!
  • 24時間 365日の対応により、機会損失を防ぎ販売促進を向上!
  • 多言語対応により、海外からの顧客へスムーズなご案内を実現!
  • 業務マニュアルの共有や社内情報の整理、外国人スタッフへの対応に貢献!
  • 災害時に必要な情報を多言語で即時提供することで混乱を防ぎ、最適な初期対応を実現!

対応ユーザーインターフェース

  • WEBチャット
  • LINE
  • Facebook Messenger
  • WeChat
  • KakaoTalk
  • Slack
  • Chatwork
  • Skype
  • Hangouts Chat
  • InCircle
  • Microsoft Teams
  • 各種AIスピーカー (スマートスピーカー)
  • デジタルサイネージ
  • IoT
  • Gatebox (最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせたキャラクター召喚装置)

ObotAI 紹介ムービー


ObotAI

会社概要

会社名 株式会社ObotAI
所在地
東京都渋谷区恵比寿2-6-25上田ビル3F
代表者 代表取締役社長 北見好拡
設立 2019年 9月
URL https://obot-ai.com/

※ 株式会社MARIANA OCEAN JAPANのObotAI事業を分社化し、新しく「株式会社ObotAI」となりました。

※ 株式会社MARIANA OCEAN JAPANにて2017年から開発に着手、2018年8月からサービス開始





事業内容

AIに質問

AIに質問